男女という制度

男女という制度

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 303p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000267076
  • NDC分類 908
  • Cコード C0395

出版社内容情報

フェミニズムによって性とジェンダーをめぐる表現はどう変化したか? 恋愛小説,エンターテインメント,少年少女文学における「らしさ」やストーリー展開の分析,マンガやネット上で消費される男女イメージまで.

目次

「あたし」という恋愛的体質論(川上弘美)
文学は美醜をどう描いてきたか(大塚ひかり)
「ネカマ」のすすめ―わたしがだました男たち(佐々木由香)
日本語とセクシュアリティ(藤野千夜)
戦後日本と「赤毛のアン」(小倉千加子)
ジャンル小説の文法―ハードボイルドをめぐって(小野俊太郎)
ポスト「少女小説」の現在―女の子は男の子に何を求めているか(横川寿美子)
冒険物語の中の男の子たち(ひこ・田中)
ジェンダー・フリー教材を探しに(金井景子)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

金吾

20
いろいろな視点からジェンダーに触れています。「文学は美醜をどう描いてきたか」はかなり受けました。「戦後日本と赤毛のアン」「あたしという恋愛的体質論」も良かったです。2021/12/02

よっし~

6
『日本文学全集』で今をときめく池澤夏樹を筆頭に、今福龍太、斎藤美奈子、高橋康也、筒井康隆の編集による現代文学批評の決定版(←あくまで個人的の意見です)。本号は「ジャンル文学」をメインに、齋藤美奈子の編集によるジェンダー批評がメインコンテンツである。主な執筆者は川上弘美、藤野千夜、ひこ・田中など。「創作合評会」(Smalltalk番外編)の準備書籍として再読。2020/01/18

CBF

2
(★★★☆☆) 古典から漫画まで、様々な分野の専門家が、文学作品をジェンダー批評の観点から論じたエッセイ集ー。 「ネカマ」(ネット上で女性になりすます男性)として活動する佐々木氏の論考で、若い女性が自分の理想と異なる振舞いをすると急に説教口調になる男性が多い、というエピソードが面白かった。 『あたしは恋をすることが大事なんだといつの間にか刷りこまれていたような気がする...社会的刷りこみだろうか。学校とか会社とか親とか友だちとか本とか新聞とかテレビとかによる。』(「あたし」という恋愛的体質論/川上弘美)2021/02/12

tegi

2
各論のおもしろさ、全体の構成に舌を巻く。閉じた論はいっさいなく、読むと「このジャンルについてもっと知りたい」「こういうテーマはどうなの」「そもそも自分のジェンダー観ってどうよ」と問いが広がっていくのが気持ちよく、入門書(ハブ)としての役割もばっちり果たしていると感じた。小倉千加子の『赤毛のアン』論はそれだけで読めばちょっとたじろぐかもしれないが、この中だと落ち着いて受け止められる。2015/02/12

 本の紙魚

1
ALLREVIEWS紹介本。斎藤美奈子氏と小倉千加子氏は相変わらず、ずばずば言うところが気持ちいい。佐々木由香氏のネカマの体験談が一番面白かったかな。出会い系の男たちの臆病さと繊細さの向こうに透ける欲望に爆笑。藤野千代氏の文章実験、興味深い。ひこ・田中氏の冒険小説分析は幅広く表面をなぞった感じで物足りないかな。FFX、私の周りでは結構不評だったし。金井景子氏の文章で取り上げられていた「百合祭」と川端康成「眠れる美女」はなかなかのジェンダー素材。巻末の20代の読書でデュラス・サガン・クノーが出ていたのに共感2022/04/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8073

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。