教育社会学のフロンティア<br> 学問としての展開と課題

個数:
  • ポイントキャンペーン

教育社会学のフロンティア
学問としての展開と課題

  • ウェブストアに25冊在庫がございます。(2017年12月15日 00時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 296p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000261340
  • NDC分類 371.3
  • Cコード C0037

内容説明

学会創設70年記念書き下ろし論集。教育社会学とはどのような学問分野か。その歴史を振り返り、研究の最前線を探る。

目次

日本の教育社会学の七〇年
1 教育社会学の再検討(教育社会学と隣接諸学;“近代化”としての社会変動と教育―キャッチアップ型近代と教育社会学;政策科学への遠い道;教育社会学と教育現場―新自由主義の下での関係の模索)
2 教育社会学の理論と方法(教育社会学と計量分析―到達点と今後の展開;教育社会学における質的研究の展開―質的研究における一般化問題を考えるために;日本の教育社会学の理論―倫理問題と実証性;教育社会学と歴史研究―移動・選抜、社会史、ジェンダー史の観点から)
3 教育社会学の新たな課題(「貧困」「ケア」という主題の学問への内部化―教育社会学における排除/包摂論の生成と残された課題アイデンティティ概念の構築主義的転回とその外部―ジェンダー・エスニシティ・若者・起源;国家・ナショナリズム・グローバル化―国民国家と学校教育;少子高齢化社会と教育の課題―人口変動と空間変容に注目して;「変容する産業・労働と教育の結びつき」へのアプローチ)
まとめと展望 教育社会学の「総合評価」の試み

著者紹介

本田由紀[ホンダユキ]
1964年生。東京大学大学院教育学研究科教授。教育社会学

中村高康[ナカムラタカヤス]
1967年生。東京大学大学院教育学研究科教授。教育社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

教育社会学の70年間の変化と成果、学問としての特徴、課題と展望を指し示す。執筆者=広田照幸、苅谷剛彦、矢野眞和、酒井朗、中澤渉、北澤毅、久富善之、今田絵里香、倉石一郎、仁平典宏、岡本智周、木村元、筒井美紀。