• ポイントキャンペーン

“私”だけの神―平和と暴力のはざまにある宗教

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 321,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000257763
  • NDC分類 161.3
  • Cコード C0010

内容説明

近代化は、世界を脱魔術化し合理化する普遍的な過程だったのか。宗教への原理主義的な回帰現象は、その本質的必然なのか。リスク化する世界のなかで、グローバル・アクターとしての宗教の可能性を問う。

目次

第1章 非社会学的序文―「自分自身の神」の日記、エティ・ヒレスム
第2章 社会学的序文―神々の回帰とヨーロッパ近代の危機
第3章 寛容と暴力―宗教の二つの顔
第4章 異端か、それとも「自分自身の神」の発明か
第5章 副次的結果の狡知―世界宗教の紛争を文明化するための五つのモデル
第6章 真理の代わりに平和を?世界リスク社会における宗教の未来

著者等紹介

ベック,ウルリッヒ[ベック,ウルリッヒ][Beck,Ulrich]
1944年生まれ。ドイツの社会学者。元ミュンヘン大学教授

鈴木直[スズキタダシ]
1949年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程退学。現在、東京経済大学教授。専攻は近代ドイツ思想史・文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

近代化の進行は社会の脱宗教化をもたらす――そう信じてきたわれわれの眼前にあるのは,世界各地で原理主義化を伴って進行する宗教への回帰現象だ.リスク化する世界の中で,その暴力的なポテンシャルが新たな摩擦と紛争の火種となっている宗教の,グローバル・アクターとし

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件