模倣と権力の経済学―貨幣の価値を変えよ“思想史篇”

個数:

模倣と権力の経済学―貨幣の価値を変えよ“思想史篇”

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年07月17日 13時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 297p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000253208
  • NDC分類 331
  • Cコード C0010

内容説明

経済活動や貨幣の正体とは何か。その根底にある「権力」とはどのようなものか。経済学の正統がこれまで見落としてきた「模倣」に照準して考える本書は、近代の経済的人間像を、そして経済学そのものをラディカルに問い直す。タルド、マルクス、スミス、高田保馬、アリストテレス、フーコーらの思想を縦横に援用しながらの探究。

目次

序論 人間の終焉と「類似」―ホモ・エコノミクス再審
第1部 近代の模倣(模倣と権力の同根―タルドとマルクス;「勢力」意志からの従属本能へ―高田保馬における模倣と権力;統治の原理としての「同感」―スミスにおける模倣と権力)
第2部 甦る類似(貨幣の“際”、資本の“窮”―フーコーと経済学批判;幾何学的「比例」と交換―アリストテレスとマルクス;天体に「照応」する鋳造貨幣―コペルニクスとグレシャムの法則)

著者等紹介

大黒弘慈[ダイコクコウジ]
1964年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科教授。経済理論、経済学史(経済思想史)。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学、東京大学)。東京大学経済学部助手、龍谷大学経済学部助教授、京都大学大学院人間・環境学研究科准教授を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件