メディア、お前は戦っているのか―メディア批評2008‐2018

個数:

メディア、お前は戦っているのか―メディア批評2008‐2018

  • ウェブストアに27冊在庫がございます。(2019年08月17日 19時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 480p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000249584
  • NDC分類 070.14
  • Cコード C0036

内容説明

政権交代、大震災、そして安倍政権へ。日本社会が大きな岐路を迎えるなか、メディアは常に権力の介入に晒されてきた。これは奮闘する現場記者へのエールを込めつつ、弱体化する報道姿勢を厳しく問いつづけた時代の記録である。オピニオン誌『世界』の人気連載、初めての書籍化。

目次

2008年(メディア批評宣言(一月号)
なぜ「渡邉ジャーナリズム」への批判がないのか(二月号) ほか)
2009年(TO BE CONTINUED…筑紫哲也氏追悼に代えて(一月号)
空自イラク支援終了―本格的な検証を(二月号) ほか)
2010年(置き去りにされた沖縄の声(一月号)
続く「同時進行報道」(一月号) ほか)
2011年(尖閣ビデオ流出をどう見るか(一月号)
ウィキリークスは何を問いかけるか(二月号) ほか)
2012年(テレビが伝えない「福島の女たち」の声(一月号)
沖縄防衛局長「オフ懇」発言の波紋(二月号) ほか)
2013年(二度目の笑劇?「安倍晋三」という再チャレンジ(一月号)
安倍新政権のメディア政策を問う(二月号) ほか)
2014年(安倍政権の“積極的秘密主義”(一月号)
揃わなかったメディアの足並み―秘密保護法報道(二月号) ほか)
2015年(だれが制するか戦後七〇年の天下分け目(二月号)
「安倍談話」と「天皇のお言葉」、または「母の訴え」(三月号) ほか)
2016年(テレビに対する首相の“異常な愛情”(一月号)
「放送法遵守を」広がる意見広告の波紋(二月号) ほか)
2017年(安倍政治の「嘘」をファクトチェックする(一月号)
言葉が崩壊する政治と社会(二月号) ほか)
2018年(君たちは、この“超現実”をどう生きるか(一月号)
放送は健全な民主主義に資しているか(二月号) ほか)