密室の戦争―日本人捕虜、よみがえる肉声

個数:
  • ポイントキャンペーン

密室の戦争―日本人捕虜、よみがえる肉声

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月13日 11時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 233p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000248815
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C0021

内容説明

第二次大戦中、太平洋の激戦地で捕虜となった日本兵。その尋問録音記録に残されていた衝撃の告白とは。連合軍の緻密な情報戦と冷徹な捕虜分析のもと、密室でただ一人、追及され、自問もし続けた戦争の意味。自棄、苦悶、誘惑、吐露、絶望、選択、逡巡、沈黙、すべてを孤独に背負わされる戦争の真実―国が戦争をするのではない、人が人を殺すのだ。尋問室での壮絶な闘いを再現するドキュメンタリー。

目次

第1章 密室からの呼び声
第2章 狙われた海軍エリート士官
第3章 緻密を極めた連合軍の捕虜戦略
第4章 何でもしゃべる男
第5章 「命令」が兵士にもたらしたもの
第6章 ついに帰らなかった水兵
第7章 日本兵への呼びかけ

著者紹介

片山厚志[カタヤマアツシ]
1980年生まれ。2004年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、同年日本放送協会入局。沖縄放送局、報道局社会番組部などを経て、2015年より広島放送局放送部に所属。ディレクターとして主に報道番組の制作を担当。主な制作番組に、クローズアップ現代『国vs自治体―基地と補助金をめぐる攻防』(ギャラクシー賞奨励賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

国が戦争をするのではない、人が人を殺すのだ。尋問録音記録に残されていた衝撃の告白、そして戦争の真実とは?

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件