民主党政権とは何だったのか―キーパーソンたちの証言

個数:

民主党政権とは何だったのか―キーパーソンたちの証言

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月24日 13時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 317,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000248730
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0031

内容説明

どこで失敗したのか?政権内部では何が起きていたのか?12人の政治家へのインタビューから政権交代の経験を冷静に評価。日本政治の刷新への材料を提供する。

目次

第1章 政権交代準備/2009年8月30日以前(政権準備とマニフェストの土台づくり;「コンクリートから人へ」と財源の検討;二〇〇九年選挙への取り組みと政権準備の過程)
第2章 鳩山政権と民主党政治の開始/2009年8月30日~2010年6月8日(成立プロセス;政治主導とその難航;マニフェストの実行と予算編成;東アジア共同体・普天間・地球温暖化)
第3章 菅内閣と民主党政治の試練/2010年6月8日~2011年9月2日(鳩山政権からの移行と党内対立の激化;消費増税;地域主権改革;東日本大震災と原発事故;尖閣諸島中国漁船衝突事件と日韓関係)
第4章 野田政権と民主党政治の終焉/2011年9月2日~2012年12月26日(消費税率引き上げの顛末;原発再稼働と脱原発政策;尖閣国有化と日中の緊張;対朝鮮半島外交;衆議院解散と民主党政権の終焉)
終章 民主党政権の失敗と可能性(失敗の岐路;政策的成果と限界;統治システム改革のなかの民主党政権;政党デモクラシーのこれから)

著者紹介

山口二郎[ヤマグチジロウ]
1958年岡山市生まれ。東京大学法学部卒業。法政大学法学部教授。行政学・政治学

中北浩爾[ナカキタコウジ]
1968年三重県生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程中退。一橋大学大学院社会学研究科教授。日本政治史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件