緑のエネルギー原論

個数:

緑のエネルギー原論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年10月23日 23時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 173,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000248686
  • NDC分類 501.6
  • Cコード C0036

内容説明

岐路に立つ日本。「あの日」以来、エネルギーの見方から、我々の生き方そのものまで問われている。有限の地球において、原発やエネルギー問題はどうとらえられ、真に重視されるべきこととは何か。成長の果てには何があり、将来世代にわたる幸せはどうすれば実現するのか。今こそ考えたい「そもそも論」を鋭く、深く問い掛ける。

目次

第1章 検証―再稼働に正当性はあるか
第2章 逆風―「原発ゼロ」戦略への反論をめぐって
第3章 俯瞰―エネルギー政策の“そもそも論”
第4章 視座―環境問題からの問いかけ
第5章 岐路―「成長の限界」から持続可能な発展へ
第6章 自立―分権・参加・自治による地域エネルギー経営

著者等紹介

植田和弘[ウエタカズヒロ]
1952年香川県に生まれる。京都大学大学院経済学研究科教授。経済学博士、工学博士。専門は環境経済学。環境問題を通じて工学から経済学へ。「どうなるかではなく、どうするか」をモットーに持続可能な発展について研究している。東日本大震災と福島原発事故をうけて、科学・技術と社会の関係や公共政策の学術的基盤についてもあらためて関心を抱いている。大阪府市エネルギー戦略会議会長、コスト等検証委員会委員をつとめた。現在、総合資源エネルギー調査会基本政策分科会委員、調達価格等算定委員会委員長をつとめている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件