松田道雄と「いのち」の社会主義

個数:

松田道雄と「いのち」の社会主義

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2018年02月25日 08時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 46判/ページ数 328p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000248259
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0036

内容説明

名著『育児の百科』の著者として知られる医師にして、ルソーやロシア革命史の研究者、さらに「ベ平連」等の市民運動においても大きな役割を果たした“在野の思想家”松田道雄。その多岐にわたる活動と思索を「社会主義」という観点から捉えなおし、一人の二〇世紀知識人の思想的葛藤が提起した問題をあらためて問いなおす。社会主義へのアンビヴァレントな思いを背景に、自己批判に揺れ動きながら時代の精神と格闘した松田の思想像に迫る。

目次

松田道雄と社会主義
第1部 「市民」概念と社会主義(ベ平連と社会主義;「市民」概念の多様性;マルクスとレーニンのあいだ)
第2部 育児書のなかの「市民」(思想書としての『育児の百科』;集団保育の発見;ルソーをめぐる葛藤)
第3部 社会主義と「いのち」(安楽死と社会主義;女と「いのち」)

著者等紹介

高草木光一[タカクサギコウイチ]
1956年群馬県生まれ。慶應義塾大学経済学部教授。社会思想史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

名著『育児の百科』を著わした医師にして、ルソーやロシア革命史の研究者でもあった“在野の思想家”。その多彩な活動と思索を「社会主義」という観点から捉え直し、一人の二〇世紀知識人の思想的葛藤が提起した問題をあらためて問い直す。