街を浮遊する少女たちへ―新宿で“待つ”“聴く”を続けて50年

個数:

街を浮遊する少女たちへ―新宿で“待つ”“聴く”を続けて50年

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 145p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000248075
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C0036

内容説明

新宿で五〇年間、少女たちに出会い、心ひらくまで待ち、心のつぶやきに耳をかたむける…。家出をした少女、性を商品化する少女、暴力をふるわれた少女。異性との関係に悩む少女。希薄な人間関係のなかで、学校や家庭から外に向かっていく少女。相談員として、彼女たちの「止まり木的」存在でありつづけている著者は、ときには、人生のさまざまな「再出発」にも伴走する。いまの「性と生」を綴る、稀有なエッセイ。

目次

序章 新宿の日々
1章 少女たちに寄り添って
2章 孤独のなかで
3章 家族
4章 いのちを取り戻す
5章 性と生
おわりにかえて

著者紹介

兼松左知子[カネマツサチコ]
1925年中国東北部(旧満州)で生まれる。44年恵泉女学園高等部を卒業、同年再び、旧満州へ。敗戦後、その地に残り、53年に帰国。57年に東京都社会事業学校を卒業、同年、東京都相談員として、新宿区婦人相談員になる。定年後以降の現在も、新宿で相談業務にあたっている。エイボン功績賞、東京弁護士会人権賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)