牧夫の誕生―羊・山羊の家畜化の開始とその展開

個数:
  • ポイントキャンペーン

牧夫の誕生―羊・山羊の家畜化の開始とその展開

  • 谷 泰【著】
  • 価格 ¥3,672(本体¥3,400)
  • 岩波書店(2010/10発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 68pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月15日 13時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 224,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000247740
  • NDC分類 642.26
  • Cコード C0036

内容説明

家畜の誕生は紀元前七〇〇〇年ごろの西アジア、羊・山羊が最も早いとされる。では、いかにして家畜化は始まり、その管理技法は展開したのか―。著者は、永年にわたり西アジア・地中海地方を訪れ、牧畜の現場をつぶさに観察、その知見に基づき家畜化の過程を鮮やかに再構成する。本書は、著者の家畜化論の集大成である。

目次

1 はじめに
2 主題とアプローチ
3 家畜化の開始はいかにして進行したか
4 家畜化の開始以後―初期牧蓄段階での技法的展開
5 搾乳による乳利用はいかにして開始されたか―牧畜の二次的展開
6 去勢雄誘導羊とその周辺―群れ誘導技法の展開のもとで
7 おわりに

著者紹介

谷泰[タニユタカ]
1934年福岡県生まれ。西洋史、文化人類学。京都大学文学部史学科卒業、同大学院文学研究科西洋史学専攻博士課程中退。京都大学人文科学研究所社会人類学部門教授・国立民族学博物館教授(併任)、京都大学人文科学研究所所長を経て、京都大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)