ポピーと桜―日英和解を紡ぎなおす

個数:
  • ポイントキャンペーン

ポピーと桜―日英和解を紡ぎなおす

  • 小菅 信子【著】
  • 価格 ¥2,750(本体¥2,500)
  • 岩波書店(2008/06発売)
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)
  • ポイント 125pt
  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 336,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000247665
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C0036

内容説明

国際的な大学都市ケンブリッジには、日本軍による捕虜虐待の悪夢に苦しむ元兵士たちが多く住んでいた。和解を求める人、拒絶する人―憎悪と赦しのはざまで、戦後世代の著者は元捕虜たちの話を聞き、彼らの生活に寄り添ううちに、誤解と理解が織りなす記憶の文化変容を体験する。やがて捕虜たちは日本を訪問し、かつての敵だった元日本兵たちと交流し、一九九八年の天皇・皇后の訪英を迎える。その舞台裏で何があったのか、当事者が物語る、日英和解をめぐるノンフィクション。

目次

第1部 記憶の街で(ケンブリッジの二つの顔;記憶の日曜日;癒しの天使か 記憶のテロリストか;二つのプロジェクト)
第2部 交ざりあう糸口(日本大使館;街と大学;ジェリーの青い壷;和解のポリティクス)
第3部 記憶の紡ぎ手 歴史の織り子(ナガサキ;元捕虜と日本大使;日英捕虜会議;日本への招待)
第4部 記憶の縦糸 和解の横糸(灰の水曜日;靖国訪問;天皇訪英;「ラトリーン」―ジャック・チョーカーの絵)

著者等紹介

小菅信子[コスゲノブコ]
1960年生まれ。上智大学大学院文学研究科史学専攻博士課程修了満期退学、ケンブリッジ大学国際研究センター客員研究員を経て、山梨学院大学法学部教授。近現代史・国際関係論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わい

1
読み途中だけど図書館返却につき一旦登録💦 Twitterでご本人が自薦してたので気になって読み始めたけど、面白い~。献花が新聞に載ってから、筆者が大変な状況になっていくさまは、ワクワクハラハラしながら読んでしまった。そして日英にそんな問題があったのを知らなかった…。軽々しく口にしづらい和解問題について、真っ正面から向き合っていく、筆者の姿に好感が持てました。2022/02/27

ダニアン

1
分かりやすかったけど、なんか腑に落ちない。そもそも腑に落ちるべき事では無いんだろうけど。うーん(-ω-)2010/10/23

メルセ・ひすい

1
10. 25 赤いポピー タイ・ビルマ戦線 アーロン収容所 捕虜として日本軍の虐待を受け、毎夜悪夢にうなされる英国の男たち。彼らにとって「和解」はあったのか? 1998年の天皇・皇后の訪英の舞台裏など、当事者が物語る、日英和解をめぐるノンフィクション。 2008/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/315487

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。