ぼくの複線人生

個数:
  • ポイントキャンペーン

ぼくの複線人生

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月17日 08時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000247597
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

資生堂名誉会長・福原義春氏の自伝的回想。創業者の孫に生まれ、無意識のうちに創業者の理念を受け継いだ幼少時から大学生、一社員そして経営者の各時代、著者は何を考え、どのように生きてきたのか。社会の中で企業は、人はどうあるべきなのか。仕事も趣味も無我夢中で打ち込んで来た「複線人生」から学んだことを伝える、エスプリ溢れる次世代へのメッセージ。

目次

1 本籍は銀座、生まれは神田―一九三〇年代から敗戦へ
2 時代は変わる―学生から社会人へ
3 よく働き、よく学んだ―高度成長時代
4 文化力は資本である―伝統と革新を外国で学んだ
5 会社を変える、自分も変わる―経営者の道を歩む
6 社会に生きる―資本と文化をつないで
7 やっとわかったことがある―複線人生を生きて

著者等紹介

福原義春[フクハラヨシハル]
資生堂名誉会長。1931年東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業と同時に資生堂入社。米国法人社長を経て、商品開発部長、取締役外国部長を歴任。フランス、ドイツに現地法人を設立、中国に進出するなど海外市場拡大戦略を推進。1987年第10代社長に就任。97年会長。2001年名誉会長。東京都写真美術館館長他公職多数。趣味は写真、洋蘭栽培(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

新聞連載中より、好評を博した資生堂名誉会長・福原義春氏の自伝的回想。創業者の孫に生まれ、無意識のうちに創業者の理念を引き継いだ幼少時から、大学生、一社員そして経営者の各時代、著者は何を考え、どのように生きてきたのか。仕事も趣味も無我夢中で打ち込んできた「複線人生」から学んだことを伝える、次世代へのメッセージ。