星の国から孫ふたり―バークレーで育つ「自閉症」児

個数:

星の国から孫ふたり―バークレーで育つ「自閉症」児

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月21日 06時54分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 258p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000247559
  • NDC分類 916
  • Cコード C0036

内容説明

北カリフォルニアで育ついとしい孫たちは、他人とのやりとりを苦手とする「自閉症」児。だが、この異星人のような幼な子が、公立幼稚園で熱意あふれるスタッフらとのふれあいの下、遊び、話し、歌い、絵を描き…。その着実な成長を通して、知的障害児を支える福祉と教育のあり方を問いかける。ユーモアあふれ、示唆と希望に満ちた感動的な記録。

目次

序章 ふたりの孫、星の国から到来(王子さまがやってきた;オーティズムと米医学界 ほか)
1部 小さな「一歩」―幼児教育の日々(公立保育園の「特別教育」;暮らしのなかで ほか)
2部 確かな「二歩目」―幼児教育の日々(幼稚園から義務教育;カリフォルニアの冬 ほか)
終章 「星の国の子どもたち」の将来は?(小学校に入って;ソーシャルワーカーに聞く)

著者紹介

門野晴子[カドノハルコ]
1937年東京生まれ。ノンフィクション作家。1980年から学校教育と子どもの問題、1991年から老人介護・老人福祉の問題で執筆・講演活動を行い、最近は孫のオーティズム(「自閉症」)についての著述に携わる