フロイトのモーセ―終わりのあるユダヤ教と終わりのないユダヤ教

個数:

フロイトのモーセ―終わりのあるユダヤ教と終わりのないユダヤ教

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246972
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C0010

出版社内容情報

なぜフロイトは最晩年になってモーセ論を書いたのか──同時代から今日に至るまで多くの者を悩ませてきたその問いに、ユダヤ史の世界的権威が挑む。同時代のコンテクスト、父ヤーコプによるユダヤ教育の実態に歴史家として分け入り、謎の核心に迫っていく。すでに決定版となった書物の待ち望まれていた邦訳、ついに刊行。

内容説明

なぜフロイトは最晩年になってモーセ論を書いたのか―公刊直後から今日まで、多くの者を悩ませてきたその謎に、ユダヤ史の世界的権威が正面から挑む。同時代のコンテクスト、父ヤーコプによるユダヤ教育の実態に歴史家として分け入り、謎の核心に迫っていく本書は、ジャック・デリダやエドワード・サイードをはじめ、幾多の議論を巻き起こしてきた。すでに古典となった書物、待望の邦訳をついに刊行。

目次

第1章 第四の屈辱
第2章 ジークムント・フロイト、ユダヤの歴史家
第3章 父の宗教、息子の宗教、「ユダヤ民族特有の事柄」
第4章 一つの事例史?
第5章 フロイトとのモノローグ

著者等紹介

イェルシャルミ,ヨセフ・ハイーム[イェルシャルミ,ヨセフハイーム] [Yerushalmi,Yosef Hayim]
1932年、ニューヨーク生まれ。イディッシュ語とヘブライ語を母語とし、伝統的なユダヤ教育を受ける。イェシヴァー大学からユダヤ教神学院を経て、コロンビア大学に進む。中世・近世のユダヤ史を専攻し、1966年に博士号を取得。ハーヴァード大学で教鞭をとり始め、80年からコロンビア大学のサロ・ウィットメイヤー・バロン記念講座教授を務める。2009年没

小森謙一郎[コモリケンイチロウ]
1975年、東京都生まれ。2009年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。現在、武蔵大学人文学部准教授。専門はヨーロッパ思想史・哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きつね

8
p.66「『モーセと一神教』におけるほど、フロイトのラマルク主義が目立って根深いところは他にない。(…)長期にわたって何度も繰り返される圧倒的で普遍的な諸経験に関する心的印象が何とか残され、さらにこれが未来の世代に身体を通じてどうにか伝えられねばならないのである。」こういう個人心理学を集団心理学につなげる(フロイトは同一性とまでいう)部分の危うさが魅力でもありツッコミどころでもある、そのあやうさと魅力に付き合う本といっていよい。テーマはユダヤ性について。徹底的な卓袱台返しのような批判はしないスタンス。2014/10/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8285342

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。