フロイトのモーセ―終わりのあるユダヤ教と終わりのないユダヤ教

個数:

フロイトのモーセ―終わりのあるユダヤ教と終わりのないユダヤ教

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年07月19日 20時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246972
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C0010

内容説明

なぜフロイトは最晩年になってモーセ論を書いたのか―公刊直後から今日まで、多くの者を悩ませてきたその謎に、ユダヤ史の世界的権威が正面から挑む。同時代のコンテクスト、父ヤーコプによるユダヤ教育の実態に歴史家として分け入り、謎の核心に迫っていく本書は、ジャック・デリダやエドワード・サイードをはじめ、幾多の議論を巻き起こしてきた。すでに古典となった書物、待望の邦訳をついに刊行。

目次

第1章 第四の屈辱
第2章 ジークムント・フロイト、ユダヤの歴史家
第3章 父の宗教、息子の宗教、「ユダヤ民族特有の事柄」
第4章 一つの事例史?
第5章 フロイトとのモノローグ

著者等紹介

イェルシャルミ,ヨセフ・ハイーム[イェルシャルミ,ヨセフハイーム] [Yerushalmi,Yosef Hayim]
1932年、ニューヨーク生まれ。イディッシュ語とヘブライ語を母語とし、伝統的なユダヤ教育を受ける。イェシヴァー大学からユダヤ教神学院を経て、コロンビア大学に進む。中世・近世のユダヤ史を専攻し、1966年に博士号を取得。ハーヴァード大学で教鞭をとり始め、80年からコロンビア大学のサロ・ウィットメイヤー・バロン記念講座教授を務める。2009年没

小森謙一郎[コモリケンイチロウ]
1975年、東京都生まれ。2009年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。現在、武蔵大学人文学部准教授。専門はヨーロッパ思想史・哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

なぜフロイトは最晩年になってモーセ論を書いたのか──同時代から今日に至るまで多くの者を悩ませてきたその問いに、ユダヤ史の世界的権威が挑む。同時代のコンテクスト、父ヤーコプによるユダヤ教育の実態に歴史家として分け入り、謎の核心に迫っていく。すでに決定版となった書物の待ち望まれていた邦訳、ついに刊行。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件