フランス演劇の誘惑―愛と死の戯れ

個数:

フランス演劇の誘惑―愛と死の戯れ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月23日 11時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246927
  • NDC分類 772.35
  • Cコード C0074

内容説明

言葉によって人間と世界を自由自在に描きだそうとしてきた「フランス演劇」の力は、劇場の内部にとどまることなく、ある時は革命の灯火となり、ある時は倫理的論争の種を提供し、さらには新しい恋愛のスタイルを切り拓いてきた。英語が「シェイクスピアの言葉」ならば、フランス語はモリエールの言葉と言ってよいかもしれない。モリエールに、コルネイユ、ラシーヌを加えた三大劇作家から、メーテルランク、ベケットまで。厳選した十一人の作家と作品で紹介する、フランス演劇の花束。

目次

1 死によってしか成就しない悲しい愛―ヴィオー『ピラムとティスベの悲恋』
2 芝居の幻影に翻弄されて―コルネイユ『舞台は夢』
3 言葉には言葉を、演技には演技を―モリエール『タルチュフ』
4 恋の炎に身を焼かれ―ラシーヌ『フェードル』
5 私、どうしちゃったのかしら?―マリヴォー『二重の不実』
6 革命の予兆?―ボーマルシェ『フィガロの結婚』
7 父の過剰な愛は娘の命を奪う―ユゴー『王は楽しむ』
8 僕の魂は死んで墓の中に入ってしまった―ミュッセ『マリアンヌの気まぐれ』
9 魂の美か、肉体の美か―ロスタン『シラノ・ド・ベルジュラック』
10 言葉で語り得ぬもの―メーテルランク『ペレアスとメリザンド』
11 明日はまたやって来る―ベケット『ゴドーを待ちながら』

著者紹介

秋山伸子[アキヤマノブコ]
岡山県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程研究指導認定退学。パリ第4大学文学博士。現在、青山学院大学文学部フランス文学科教授。『モリエール全集』(共同編集・翻訳、全10巻、臨川書店、2000‐2003年)の翻訳により、第10回日仏翻訳文学賞受賞(2003年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件