仏典はどう漢訳されたのか―スートラが経典になるとき

個数:

仏典はどう漢訳されたのか―スートラが経典になるとき

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年10月17日 21時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 284,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246910
  • NDC分類 183
  • Cコード C0015

内容説明

サンスクリット語などインドの言葉が原語であった仏典は、中国の文字や言葉に翻訳されて伝わることにより、東アジアの文化的基層となった。鳩摩羅什や玄奘ら、高僧たちの翻訳理論とはいかなるものか。どのような体制で、どれくらいのスピードで行われたのか。中国に無かった概念をどう訳したのか。さらに、中国で作られた、「偽経」とは?仏典の漢訳という、人類の壮大な知的所産を、専門外の読者にもわかりやすく解説した、初めての本。

目次

第1章 漢訳という世界へのいざない―インド、そして中国へ
第2章 翻訳に従事した人たち―訳経のおおまかな歴史
第3章 訳はこうして作られた―漢訳作成の具体的方法と役割分担
第4章 外国僧の語学力と、鳩摩羅什・玄奘の翻訳論
第5章 偽作経典の出現
第6章 翻訳と偽作のあいだ―経典を“編輯”する
第7章 漢訳が中国語にもたらしたもの
第8章 根源的だからこそ訳せないもの
第9章 仏典漢訳史の意義

著者等紹介

船山徹[フナヤマトオル]
1961年生。1988年京都大学大学院文学研究科博士後期課程中退。現在、京都大学人文科学研究所教授。アメリカのプリンストン大学宗教学部、ハーヴァード大学神学部、オランダのライデン大学等において客員教授を歴任。中国中世仏教史とインド仏教知識論を中心に、仏教史を多角的に研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

デビっちん

29
サンスクリット語と言うインドの言葉が語源である仏典を漢語訳した過程を解説してくれています。どんな考えのもとどのような体制でどのくらいのスピードで漢訳されたかが詳細に綴られていました。その漢訳には「旧訳」と「新訳」があって、玄奘が新訳派の大家だそうです。三蔵法師は名翻訳家であり、語学の天才と言われる所以がわかりました。東アジア文化圏の文化を構成する漢訳という知的営みの世界がここにあります。2017/12/05

Wagatsuma

9
翻訳の難しさは全て、この1冊に凝縮されていると思う。他言語への置き換えは、元々の言語を操っていた人々の文化や思想をどこまで取り込めるか、という点で、どうしても無理が出る。仏典が漢訳なら、聖書だって元はヘブライ語やアラム語、そこからギリシア語になってラテン語になって(以下、略)。愚直に直訳するのか、鷹揚に意訳するのか。その葛藤は、翻訳が持つ不可避の問いだろう。複数の翻訳本を読み比べると、面白いんだよなぁ。漱石の英語訳を複数見て、こんな風になっちゃうのか、と思ったことを思い出した。原語で読める力が欲しいぞよ。2016/06/26

umeko

8
面白かった。タイトル通り「仏典はどう漢訳されたのか」を、様々な視点から論じている。仏教が中国に浸透していく過程を、「翻訳」という切り口で捉えることができ、新鮮で発見に満ちた内容だった。『高僧伝』、読んどいて良かった♪2016/01/28

牛タン

3
仏典がどう漢訳されたか、歴史、訳者、翻訳にまつわる苦労等々。日本人が律を求めて隋唐に渡ったり、鑑真招聘を行ったのと同じように、漢人も律を求めて西域を越えて天竺へ知識を求めたのだなと。世界の中心地としての「中国」が仏教という思想の輸入を通して自らを「周辺地」として捉え直したという説が面白かった。偽経が作られた背景についてまとめた部分も面白かった。翻訳にまつわる苦労は言語や内容を越えて普遍的なものが多いなと思った2020/09/13

さとうしん

3
タイトル通りインド語由来の仏典の漢訳がテーマだが、話題は漢訳の手順、漢訳に要する日数、中国で作られた偽作経典がどのような史料となり得るか、漢訳仏典が漢字・漢語や仏典以外の文章に与えた影響(四字句による文章が好まれるようになったことなど)、更には中国を「辺土」と見なす視点が生まれ、世界認識にも影響を与えたこと等々、仏典や翻訳論にとどまらず多岐に及んでいる。2014/03/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7868295

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。