復興を取り戻す―発信する東北の女たち

個数:
  • ポイントキャンペーン

復興を取り戻す―発信する東北の女たち

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年12月14日 07時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 147p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246828
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0030

内容説明

過去半世紀、経済大国化につれて、環境破壊、過疎化、地域格差の拡大や少子高齢化などにより、日本社会の土台は徐々に蝕まれていった。そして二〇一一年三月一一日に起こった東日本大震災は、その脆くなった社会の姿を浮き彫りにした。いま必要なのは、経済成長重視の復興ではなく、一人ひとりの生業が成り立つ社会をつくること。被災地東北の女たちが提言する。

目次

1 「復興」を問い直す(女性の参画―復興計画を問い直す;社会的包摂―ひとり親家庭にとっての「復興」;多文化共生―自らを可視化する被災地の結婚移住女性;居住福祉―仮設住宅にユニバーサル・デザインを)
2 被災地に生きる(漁業―「結」を通じた漁業の復興;農業―六次産業化を復興の足がかりに;コミュニティ―「かーちゃん」たちが目指す復興/福幸)

著者紹介

萩原久美子[ハギワラクミコ]
下関市立大学経済学部教授。労働社会学、社会政策

皆川満寿美[ミナガワマスミ]
1961年生まれ。東京大学社会科学研究所特任研究員。社会学

大沢真理[オオサワマリ]
1953年生まれ。東京大学社会科学研究所教授。社会政策(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)