復興を取り戻す―発信する東北の女たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 147p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246828
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0030

内容説明

過去半世紀、経済大国化につれて、環境破壊、過疎化、地域格差の拡大や少子高齢化などにより、日本社会の土台は徐々に蝕まれていった。そして二〇一一年三月一一日に起こった東日本大震災は、その脆くなった社会の姿を浮き彫りにした。いま必要なのは、経済成長重視の復興ではなく、一人ひとりの生業が成り立つ社会をつくること。被災地東北の女たちが提言する。

目次

1 「復興」を問い直す(女性の参画―復興計画を問い直す;社会的包摂―ひとり親家庭にとっての「復興」;多文化共生―自らを可視化する被災地の結婚移住女性;居住福祉―仮設住宅にユニバーサル・デザインを)
2 被災地に生きる(漁業―「結」を通じた漁業の復興;農業―六次産業化を復興の足がかりに;コミュニティ―「かーちゃん」たちが目指す復興/福幸)

著者等紹介

萩原久美子[ハギワラクミコ]
下関市立大学経済学部教授。労働社会学、社会政策

皆川満寿美[ミナガワマスミ]
1961年生まれ。東京大学社会科学研究所特任研究員。社会学

大沢真理[オオサワマリ]
1953年生まれ。東京大学社会科学研究所教授。社会政策(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よし

1
2012年12月、東京大学で開かれたセミナーをもとに、復興における女性の役割や参加についてまとめた本。様々な立場からの意見があって興味深い。中でも、岩手、宮城、福島の生産現場で働いている三人の女性の話が印象的。「六次産業化を進める上で、県は(補助事業の紹介ではなく)漁協に漁協女性部の力を活用するよう後押ししてほしい。」という、重茂漁協の盛合さんの話はとても現実的で重みがありました。美里町農業委員の伊藤さんの「家族経営協定」の話も勉強になりました。【左のあらすじ・内容は著者名&ページ数が誤っています。】2015/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6622212

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。