ブッダから、ほとけへ―原点から読み解く日本の仏教思想

個数:
  • ポイントキャンペーン

ブッダから、ほとけへ―原点から読み解く日本の仏教思想

  • 立川 武蔵【著】
  • 価格 ¥3,132(本体¥2,900)
  • 岩波書店(2013/01発売)
  • プレミアムフライデーポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 58pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月24日 19時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246804
  • NDC分類 181.02
  • Cコード C0015

内容説明

仏教といえば「ほとけ」さまが浮かんでくるが、ブッダの時代は、悟りを目的とした「個」の宗教だった。それがなぜ大衆的な救済の宗教(如来思想)になったのか。日本人のよく知る「仏語」を手掛かりに、地域や時代を経る中、原点であるブッダ(インド思想)からなにが残され、なにが新たに託されたのかを読み解いてゆく。

目次

ブッダから(無明;ヨーガ;慈悲;空)
ほとけへ(浄土;如来;マンダラ;色即是空;仏性;供養;禅;念仏)

著者紹介

立川武蔵[タチカワムサシ]
1942年名古屋市生まれ。国立民族学博物館名誉教授。インド哲学・仏教思想史。名古屋大学文学部卒業後、ハーバード大学大学院博士号。名古屋大学文学部教授、国立民族学博物館教授、総合研究大学院大学教授、愛知学院大学文学部教授を経て、現在に至る。中村元東方学術賞・紫綬褒章受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

仏教といえば「ほとけ」さまが浮かんでくるが,ブッダの時代は,悟りを目的とした「個」の宗教だった.それがなぜ大衆的な救済の宗教(如来思想)となったのか.日本人のよく知る「仏語」を手掛かりに,地域や時代を経る中で,原点であるブッダ(インド思想)からなにが残され,なにが新たに託されたのかを読み解いてゆく.

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件