不況の経済理論

個数:

不況の経済理論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 317p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000246736
  • NDC分類 332.107
  • Cコード C3033

出版社内容情報

前世紀から20年以上不況の渦中にある日本経済に対して,既存の経済理論に基づいた景気対策は効果を発揮しなかった.この深刻な現状を脱するために,今こそ新たな経済学の枠組みが求められている.本書では,人々の貨幣保有への欲望に注目して「恒久的な流動性のわな」という

内容説明

1990年代初頭から20年以上不況の渦中にある日本経済に対して、従来の経済理論が提起した景気対策は必ずしも効果を発揮してこなかった。いまこそ、この深刻な現状を脱するための新たな経済学の枠組みが求められている。この本では、新古典派経済学やニュー・ケインジアンが採用した方法論を踏襲しながらも、人びとの貨幣保有への欲望、すなわち貨幣需要の非飽和性に注目し、「恒久的な流動性のわな」という経済学の新たな領域を描き出す。このように展開された不況の動学的一般均衡モデルに基づいて、従来とは異なった政策提言を行う。

目次

1 不況動学理論の構造(経済変動理論の再考;不況動学モデルの基本構造;消費の週刊形成;地位選好がもたらす経済成長と長期不況)
2 景気と経済政策(財政政策;家計への課税と労働供給;再分配と総需要;企業の投資・参入への補助金)
3 国際経済への展開(景気の国際相互依存と経済政策;貿易政策と景気の波及効果;海外アウトソーシングと景気;国際間の企業移動と法人税)
4 付論(公正賃金の形成と賃金決定メカニズム;非飽和な流動性選好の実証分析)

著者等紹介

小野善康[オノヨシヤス]
1951年生まれ。73年東京工業大学工学部卒業。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士。現在、大阪大学フェロー

橋本賢一[ハシモトケンイチ]
1976年生まれ。99年大阪府立大学経済学部卒業。大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。博士(経済学)。現在、神戸大学大学院経済学研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミッキー

0
小野善康編の有効需要分析をもとに多様な課題を網羅。単著ではカバー出来ていないテーマも説明されており、研究者の蓄積による進展が伺われます。個人的には、企業への課税が海外流出を促進させるものの為替調整により自国財への需要が高まる効果があり、どちらの効果が大きいかが税制の結果が変わるというのが勉強になった。 ビジネスマンも知っておくべき枠組みだと思います。2013/01/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5286770

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。