文化政治としての哲学

個数:

文化政治としての哲学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月20日 13時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 282,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246651
  • NDC分類 104
  • Cコード C0010

内容説明

人間のすべての活動は、現世における人間の幸福をより増進させるかどうかという基準に従って評価・選択される暫定的なものであり、人知を超えた実在との接触により真理を得るという特権的な活動などはありえない。哲学もこうした暫定的な活動の一つである。この視点から著者は、咋今の哲学に対して鋭い批判的診断を行う。哲学はアカデミックに自己閉塞すべきではなく、自然科学を含めた芸術・文学・宗教・政治など他の人間活動との相互交渉を深めることで、人間や世界に関する新たな語彙や語り方の提言を行う「文化政治」としての役割を取り戻すべきであると著者は主張する。プラグマティズムの立場から現代の哲学に根底的な問いかけを行い続けたローティ最後の論文集。

目次

1 プラグマティズムから見た宗教と道徳(文化政治と神の存在の問い;ロマン主義的多神教としてのプラグマティズム;誠実な誤り)
2 文化における哲学の場所(偉業・深遠・有限;過渡的ジャンルとしての哲学)
3 分析哲学の最近の争点から(プラグマティストの目から見た現代の分析哲学;自然主義と静観主義;ヴィトゲンシュタインと言語論的転回;全体論と歴史主義;カント対デューイ―道徳哲学の咋今の状況)

著者紹介

ローティ,リチャード[ローティ,リチャード][Rorty,Richard]
1931‐2007。元スタンフォード大学教授

冨田恭彦[トミダヤスヒコ]
1952年生。京都大学大学院教授

戸田剛文[トダタケフミ]
1973年生。京都大学大学院准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

哲学は、自閉的な専門化を排して他の文化領域と交流し、人類の幸福の増進のために人間や世界に関する新たな語彙や語り方の提言を行う「文化政治」の役割を回復すべきだ――。現代の哲学に根底的な問いかけを行ってきた著者が、主張を再論しつつヴィトゲンシュタインや現代の分析哲学を自らの構図に位置づける最後の論集。