• ポイントキャンペーン

フードバンクという挑戦―貧困と飽食のあいだで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 187p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246446
  • NDC分類 611.3
  • Cコード C0036

内容説明

「完璧でない」からと捨てられる食べ物。一方で、食べることに困っている人が大勢いる。両者をつなぐ活動の最前線、アメリカと日本から。

目次

第1章 なぜ、いまフードバンクか(捨てられる食べ物;ほんとうの「期限」とは? ほか)
第2章 フードバンクの誕生―アメリカ大量消費社会のなかで(フードバンクの父;マーケットがやってくる ほか)
第3章 フードバンク、日本上陸(それはひとりのアメリカ人から始まった;いつも腹ペコの子ども時代 ほか)
第4章 日本に根づくか、フードバンク(地産地消型のフードバンク;フードバンクでは「食べられない」? ほか)

著者紹介

大原悦子[オオハラエツコ]
ジャーナリスト。1958年東京生まれ。津田塾大学国際関係学科卒業。82年、朝日新聞社に入社。東京本社学芸部記者として文化面などを担当。在職中にハーバード大学ケネディ行政大学院修士課程修了。99年フリーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ラベルがまがった、角がへこんだ、などの理由で賞味期限内なのに捨てられている大量の食べ物。この「もったいない」を、なんとか必要な人の元へ届けられないものか?両者をつなぐフードバンクの挑戦が、いまはじまった。