文民統制―自衛隊はどこへ行くのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 135p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246293
  • NDC分類 393.2
  • Cコード C0036

内容説明

旧軍部の暴走を教訓として成立し、自衛隊のあり方を厳しく規定してきた日本の文民統制。しかし自衛官や政治家からの見直し論が相次ぐいま、文民統制が根底から問われている。自衛隊の合憲・違憲の議論に隠れてあまり議論されることのなかった文民統制の仕組みと歴史を辿りながら、自衛隊を真に私たちの統制下におくための方途を探る。

目次

第1章 文民統制(シビリアン・コントロール)とは何か(日本における文民統制の始まり;なぜ、文民統制(シビリアン・コントロール)が必要なのか)
第2章 文民統制逸脱の戦後史(文民統制逸脱の戦後史を辿る;正面攻撃に晒される文民統制)
第3章 誰が自衛隊を統制するのか(文民統制の骨抜きに奔走する制服組の思惑;日米軍事共同体制の強化と見直し論の関係)
第4章 あるべき文民統制のかたちとは(文民統制をめぐる戦後論議の中身;どのようにして防衛論議を深めていくのか)

著者等紹介

纐纈厚[コウケツアツシ]
1951年岐阜県生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。山口大学人文学部教授。専攻日本近現代史。政治学博士
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件