豚を盗む

個数:

豚を盗む

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2018年06月24日 11時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 290,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246262
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

去年まで住んでいた部屋の窓からは海が見えた。こんどの部屋からは一本の古い大木が見える。独身小説家の日々の暮らしは、あいもかわらず淡々と過ぎてゆく。「生きることの大半は繰り返し」とうそぶきながらも、なにげない出来事に注ぐまなざしは優しく、あたたかい。『ありのすさび』『象を洗う』に続く、好評のエッセイ集。

目次

1 小説のヒント(スカボローフェア;十年後のスパゲティ;十三年前の冬;リンゴのおいしい食べ方;バナナのおいしい食べ方;カトラリー)
十七歳
2 つまらないものですが。(ファーストキス;少数派;ほんとの話 ほか)
叔父さんの恋
3 豚を盗む(浴衣と爆竹の長崎;お国自慢;王様の生活 ほか)

著者等紹介

佐藤正午[サトウショウゴ]
1955年8月25日、長崎県佐世保市生まれ。北海道大学文学部中退。83年に「永遠の1/2」で、第7回「すばる」文学賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。