冬の水練

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246149
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

信州の山村で内科医をしつつ小説を書いてきた著者は,がん患者を看取るうちに身心の変調をきたし,10年が経った.やがて緩やかに回復に向かい,少しずつ光が差すこころのありようを,日常生活のエピソードのなかにやさしく描く.待望の書き下ろしエッセイ.

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ジュースの素

3
南木さんの文章は静かな場所でじっくり読みたい。深く身体に沁み込むように入って来る。医師と作家、それとうつ病との様々な戦いがどの文にも散りばめられる。彼の心の葛藤や嘆きや喜びまでもが しんしんと読者の気持ちと一緒になる。2016/02/11

隠居

0
可もなく不可もなく。2012/08/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/172956

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。