人びとの戦後経済秘史

個数:

人びとの戦後経済秘史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月23日 22時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000245272
  • NDC分類 332.107
  • Cコード C0021

内容説明

短期間で奇跡的な成長を果たし、世界史的にも極めてユニークな戦後の日本経済。その激動の時代に人びとは何を感じ、どう生きたのか。本書では、戦後史を生きてきた人びとの証言を丹念に収集し、歴史に埋もれたドラマを発掘。為政者目線に陥りがちな「正史」に対し、普通の生活者の実感にも迫る。戦後の経済史と同時に民衆の生活史も俯瞰できる一冊。

目次

第1章 ドングリと爆撃機―国家総動員経済の真相(「商店街を壊してまわった」―統制経済と暮らし;「国民を欺いてしまった」―知らされなかった経済破綻の真実;「軍部に都合の悪い結論だった」―勝ち目なかった対米開戦)
第2章 「リンゴの唄」から「炭坑節」―混沌からの生活再建(「預金封鎖が父を変えてしまった」―破綻国家のツケ重く;「刑務所を出ると世界が変わっていた」―GHQ改革と人びとの暮らし;「何が何でもつくってやる」―ゼロからの経済復興;「輸出がだめならパンをくれ」―占領政策に翻弄される)
第3章 高度経済成長と「人間蒸発」―国造りの「神話」(「経済成長率の闘いだ」―国民を再び動員した高度成長;「南極で食べた。うまかった」―開花する「庶民発」イノベーション;「辞めなきゃ口にだせなかった」―犠牲になる環境と健康;「クレバスに落ちるように人が消えていくんだ」―空洞化する心、変質する地域)
第4章 オイルショックと「老いるショック」―行き詰まる豊かな社会(「多くの人が言うウソはホントになる」―ショックがパニックにまで発展した理由;「「太陽光」なんてゴミみたいなものじゃないか」―脱石油社会への挑戦と蹉跌;「女性が安心して産めない社会になってしまった」―少子化と円高、「成長」の限界;「何人かの仲間は自ら命を絶った」―金融敗戦、政策ミスとその代償)

出版社内容情報

成長の陰に埋もれた民衆の歴史がここに。渦中を生きのびた人びとの最後の貴重な証言の数々。写真多数。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件