批評メディア論―戦前期日本の論壇と文壇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 344,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000245227
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「論壇」「文壇」とは何か。日本において「批評」はいかにして可能か。私たちは言論を支えてきたインフラやシステムの生成過程にさかのぼるところから再起動しなければならない。膨大な資料博捜に裏づけられた圧倒的な文体で知の基本構造をえぐり出す。思想界注目の新進批評家による、まったく新しいパースペクティブの誕生!

内容説明

「論壇」「文壇」とはなにか―。「批評」はいかにして可能か―。本書は日本の言論を支えてきたインフラやシステムの生成過程に立ちかえる試みである。論壇時評、文芸時評、座談会、人物批評、匿名批評など各種フォーマットの来歴の精緻な総括に批評再生のヒントを探る。膨大な資料群の博捜渉猟に裏づけられた圧倒的な文体が知の基本構造をえぐり出していく。論理と実証の融合による新しい思想のデザインへ。

目次

序章 編集批評論
第1章 論壇時評論
第2章 文芸時評論
第3章 座談会論
第4章 人物批評論
第5章 匿名批評論
終章 批評環境論

著者等紹介

大澤聡[オオサワサトシ]
1978年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。日本学術振興会特別研究員を経て、近畿大学文芸学部講師。専門はメディア史。各種媒体にジャーナリズムや文芸に関する批評・論文を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しゅん

12
日本の批評環境がギルド的な職人世界から市場原理の世界へと大きく転換した1930年代の状況を、時評・座談会・匿名批評など、批評家個人ではなくメディアの在り方から研究した一冊。論の善し悪し以前に、情報収集の大変さがひしひしと伝わってきて(当時の新聞や雑誌を一つ一つ捲っていかないと書けない内容)、それだけでも読んだ甲斐があったと思った。現在当たり前になっていると同時に形骸化しているシステムのスタート地点をここに確認できる。全体から見えてくるのは、編集の批評的意味とネームヴァリューという呪いの逃れがたさ。2017/05/22

Nekono

7
戦前の「批評」について、多岐に渡ってシステムとして記述しようと試みている本。円本の流行とジャーナリズムの発達により限定読者から大衆読者へと広がった「本」への批評という行為と眼差しの変化をすくい取ろうとしている。その文体が凄まじい。/やー、体言止めを多用し、一つ一つの文が短い。じっくり読むための文体というより、疾走する文体だ。だから、最初は読みにくい。(私たち には閉口した。たち って誰だよ)しかし、慣れてくると読書が加速する。ちょっと気持ち良い。匿名の意味が変質した現代編も読んでみたい。2015/05/05

G三世

6
昭和初期出版業界の発展を背景とするメディアと、商品としての批評の関係を膨大な資料を基に読み解く労作。今調べていることの一部について示唆を受けることもあった。だが、それ以上にここで語られる戦前の環境が、現代のネット社会における人間とメディアと情報の繋がりにも見出せることから、現代の事象を思い浮かべながら楽しむことができた。当時から何も変わっていないのが驚きだ。2017/03/27

ころこ

5
単行本や全集などで、後進の我々が好き勝手に新たな解釈を試みる。その結果どの位売れどの位の読者にまず読まれたのか、どの様に読者に受け止められたのか。はたして後年、名高い批評文は掲載当時から同様に絶賛されていたのか。当時そこには同誌に掲載されているライバルがいて、表に出てこない編集者とともに、時には緊張関係にすらなります。さらに、読者のリテラシーと読者数(売上)と批評家との関係は、実は最も批評家のあり方を規定する要素です。書き下ろしでなければ、批評家の苦闘は雑誌や新聞に初出する現場にあるといえます。本書は、批2017/08/16

さえきかずひこ

4
第二章が面白かった‼︎「メディアはメッセージである」(マクルーハン)。2015/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9226956

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。