東アジア法文明圏の中の日本史

個数:
  • ポイントキャンペーン

東アジア法文明圏の中の日本史

  • 深谷 克己【著】
  • 価格 ¥3,456(本体¥3,200)
  • 岩波書店(2012/10発売)
  • シルバーウィーク秋の全店ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 64pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 295p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000245173
  • NDC分類 210.18
  • Cコード C0021

内容説明

猜疑しあう歴史を超える“希望の種子”を求めて。古代から近代初頭に至る日本史の流れを、「政治文化」論を切り口として東アジア世界の中で位置づけ直し、「日本はどのようにアジアか」を問う。

目次

第1章 日本史認識を問い直す
第2章 東アジア古典古代と東アジア法文明圏
第3章 日本の「古代化」「中世化」と政治社会の個性
第4章 壬辰戦争とイベリア・インパクト
第5章 「近世化」日本の東アジア化と日本化
第6章 「四民の首座」としての武士
第7章 仁政の政道論と民本・教諭の支配
第8章 「天」を優位におく超越観念の配置
第9章 吉宗政権と法・倫理の東アジア化
第10章 ウエスタン・インパクトと「復古的近代化」

著者等紹介

深谷克己[フカヤカツミ]
1939年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科史学(日本史)専攻博士課程修了。文学博士(早稲田大学)。日本近世史専攻。早稲田大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「東アジア世界」を成り立たせている共通の土台は何だろうか? 日本近世史の泰斗が,古代から近代初頭までの歴史の流れを,正邪や超越をめぐる観念,倫理規範や政治思想といった「政治文化」に注目して大胆に捉え直す.脱アジア論的日本史像を克服し,共有する思想資源の探