人はなぜ騙すのか―狡智の文化史

個数:
  • ポイントキャンペーン

人はなぜ騙すのか―狡智の文化史

  • 山本 幸司【著】
  • 価格 ¥2,530(本体¥2,300)
  • 岩波書店(2012/02発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 46pt
  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 241p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000245135
  • NDC分類 204
  • Cコード C0039

出版社内容情報

嘘、偽り、詐欺、謀略……。秩序や倫理をもって排除しようとしても、決して人間世界から排除しきれない「狡智」という知のあり方。この厄介な知性は人類の歴史の中でどのように生まれ、どのように意味づけされ、社会の中に組み込まれてきたのだろうか。古今東西の史実や物語を素材に、狡智の深層と人間の本性との関わりについて考える。

内容説明

嘘、偽り、詐欺、謀略…。秩序や倫理をもって排除しようとしても、決して人間世界から排除しきれない「狡智」という知のあり方。この厄介な知性は人類の歴史の中でどのように生まれ、どのように意味づけされ、社会の中に組み込まれてきたのだろうか。古今東西の史実や物語を素材に、狡智の深層と人間の本性との関わりについて考える。

目次

序章 フィクションの中の詐欺師たち
第1章 日本人の狡智観
第2章 馬喰八十八の智恵
第3章 狡智と致富
第4章 中国における狡智の哲学
第5章 ギリシャ人と狡智
第6章 生きるための狡智
終章 騙しの起源と動物行動

著者等紹介

山本幸司[ヤマモトコウジ]
1946年生。慶應義塾大学大学院経済史専攻修士課程修了。出版社勤務を経て、中央大学大学院国史学専攻博士課程単位取得。神奈川大学短期大学部・同大学院歴史民俗資料学研究科教授を経て、静岡文化芸術大学文化政策学部教授。専門は日本中世法制史・思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

10
狡智には悪い意味もだが、臨機応変に智恵が回る、機転が利くといういい意味もあるとは知らなかった(1頁)。ヘーゲルを想起する狡知。子どもが嘘をつくのは智恵のついた証拠(29頁)。頭がいい人は、嘘を上手について騙してもバレないが、嵩じていけば、違法だと逮捕される。やり過ぎは禁物。倶利伽羅峠の戦いでは、義仲が夜中になって、平家を後ろの山から搦(からめ)手と追手が呼号し、南の谷に追い落とそうとしていた謀があったとは(40頁)。目には目を歯には歯をだけでは一進一退だが勝てはしない。「二人のコンパードレ」貧→富の騙し。2013/09/20

koji

1
武士の機知(狡知)、馬喰八十吉、やまと心の解釈(日本人子湯の知恵、才覚)を知って、日本人の道徳観がそれほど歴史が古いものではないことを知りました。また中国の道徳観も相対的で柔軟であり、儒教、老子、荘子、墨家、荀子、韓非子氏、孫子の兵法と内輪でずいぶん揉めています。結局、狡さとか騙しは、二重の基準(内には道徳的で外には狡知という使い分け)があることを知ったのが収穫でした。2012/06/03

shimojik

1
商業と狡知は普遍的に結びつく/メーティス的知性:勘、柔軟性、知恵、先見、精妙、欺計、創意、警戒心、楽観、多様なスキル、長年の経験の混ざり合ったもの。それは変わりやすい曖昧な状況に適用される/狡知は原理化・体系化が難しく、道徳性に相反するため、政治・外交・戦争・商業の領域以外では排斥されがち/人間の生き延びる力を肯定し、どんな道徳も無視して生きつづけることの称揚/即興的な日常での結果の積み重ね/世界を変えることなく受容し、その広大さ多様さに合わせて自己を作り変える2012/04/13

メルセ・ひすい

1
「狡智」という知性は、人類の歴史の中でどのように生まれ、どのように意味づけされ、社会の中に組み込まれてきたのか。古今東西の史実や物語を素材に、狡智の深層と人間の本性との関わりについて考える。2012/04/03

こひた

0
汚いは、褒め言葉だ・・・。史料は幅広いけどタイトルに対する回答は特に見当たらず、その段階で騙されたような。2012/08/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4611871

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。