橋本龍太郎外交回顧録

個数:

橋本龍太郎外交回顧録

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月25日 17時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 208,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000244718
  • NDC分類 319.1
  • Cコード C0031

内容説明

大臣として、首相として、湾岸戦争や対米貿易摩擦、日米安保再定義と普天間基地返還問題、台湾海峡危機、ペルー大使館人質事件など、冷戦後の外交・安全保障における新たな地平を模索した政治家・橋本龍太郎。二〇〇一年から〇二年に三回にわたって行われたインタビューを収録する本書は、彼の唯一の本格的な回顧録であり、日本外交への示唆に富むものである。

目次

1 冷戦後の危機に対峙して―第一回インタビュー(政治家としての出発;イラン・イラク戦争(運輸相時代)
湾岸戦争への対応(蔵相時代) ほか)
2 能動的外交を目指して―第二回インタビュー(村山内閣副総理として;野党・自民党と外務省;超法規措置をめぐって ほか)
3 外交地平の拡大―第三回インタビュー(対欧州外交;要としてのフランス;欧州と協力する意味 ほか)

著者紹介

五百旗頭真[イオキベマコト]
1943年生まれ。京都大学大学院法学研究科修士課程修了。広島大学政経学部助手、講師、助教授、神戸大学法学部教授、防衛大学校長などを経て、現在は熊本県立大学理事長、公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長を務める。神戸大学名誉教授

宮城大蔵[ミヤギタイゾウ]
1968年生まれ。NHK勤務を経た後、一橋大学大学院法学研究科博士後期課程修了。立教大学法学部助手、政策研究大学院大学助教授などを経て、現在は上智大学外国語学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

大臣として,首相として,湾岸戦争や対米貿易摩擦,日米安保再定義と普天間基地返還問題,台湾海峡危機など,冷戦後の外交・安全保障における新たな地平を模索した政治家・橋本龍太郎.2001年から02年にかけて行われたインタビューを収録する本書は,彼の唯一の回想録であり,日本外交の迷走の根源を問うものである.

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件