はじまりのキリスト教

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 214,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000244602
  • NDC分類 192
  • Cコード C0014

内容説明

キリスト教の中核にある神学と儀礼の成立に秘められた、宗教的人間の真実と政治力学との葛藤を明るみに出す。聖餐、浸礼などの象徴的な儀礼の成立にまつわる事情、復活、回心に見られる死生観と宗教的な深層体験の表出、そして原始教団内部の組織維持と伝道をめぐる路線闘争…原始教団の光と影を、新約テクストから掘り起こす。原典に帰る精密な読みと翻訳を踏まえた、キリスト教の解体学。

目次

「キリスト教」というアイデンティティ―その形成過程と「聖餐」の闇
1 復活・浸礼・回心―新約聖書の出自(新約聖書の死生観;バプテスマの元来の意味について;使徒パウロの「ダマスコス体験」;イスラエル預言の構成要素と新約聖書)
2 神学と政治―「原始」キリスト教再読(アポロ伝承小史;ヤコブの手紙は何を意図して書かれたか;ヤコブ書の神学的構造―その「契約的遵法主義」)
イエスの呪い―「枯らされる無花果の木」の物語

著者等紹介

佐藤研[サトウミガク]
1948年生まれ。専攻、新約聖書学。現在、立教大学文学部キリスト教学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

復活、回心、浸礼、聖餐・・・・・キリスト教の根幹をなす象徴と儀礼を再考する。初発の宗教的経験の輝きが当面した、人間的な葛藤と政治力学の痕跡。生成にまつわる影を、新約諸文書に掘り起こす。ヨーロッパ精神史のはじまりに、宗教性の根源を探って。