派遣村―何が問われているのか

個数:

派遣村―何が問われているのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月18日 21時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 170p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000244497
  • NDC分類 366.8
  • Cコード C0036

内容説明

二〇〇八年一二月三一日から翌年一月五日の間に東京・日比谷公園内に開設された「年越し派遣村」。そこには、雇用情勢の悪化で職を追われ住処を失い「生存」を脅かされている多くの人たちが集まった。かつてない注目を集めた「派遣村」。なぜ必要とされたのか。どのように実現されたのか。そして、何を問いかけているのか。運営の当事者から研究者まで、様々な立場から、「派遣村」が投げかけた問いに応答する。

目次

1(派遣村は何を問いかけているのか;反貧困運動の前進―これからの課題は何か)
2(座談会 派遣村はいかにして実現されたのか―実行委員会が語る;座談会 セーフティネットとしての派遣村―生活相談の現場から)
3(越冬と年越し派遣村;帰ってきた「移動する村落」―葉山嘉樹・年越し派遣村・吉田修一;分断社会を超えて―「働くこと」の再定義と新たな公共政策;「もやい直し」で「世直し」を―人間中心の政治をめざして)

著者紹介

宇都宮健児[ウツノミヤケンジ]
1946年生まれ。「年越し派遣村」名誉村長。弁護士。日弁連多重債務対策本部本部長代行、全国ヤミ金融対策会議代表幹事、オウム真理教犯罪被害者支援機構理事長、「反貧困ネットワーク」代表、「人間らしい労働と生活を求める連絡会議」代表世話人ほか

湯浅誠[ユアサマコト]
1969年生まれ。「年越し派遣村」村長。「NPO法人自立生活サポートセンターもやい」事務局長、「反貧困ネットワーク」事務局長ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)