バン・マリーへの手紙

個数:

バン・マリーへの手紙

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月22日 18時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 249p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000244367
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

ユセンにしないと出てこない味なのよ、と先生は言うのであった。直接火にかけないことで逆に奥深くまで火を通しうる「湯煎」のようにゆっくりと、彼方に過ぎ去った思い出や、浮いては沈む想念をやわらかな筆捌きでつづる最新散文集。

目次

牛乳は噛んで飲むものである
五千年後の健康飲料
火事と沈黙
最小の三分の一を排棄すること
煉瓦工場の退屈
運河について
束ねた柱
ペンキ屋さんには氣がつかなかつた
悪魔のトリル
落下物について
ふたりのプイヨン
崩れを押しとどめること
キリンの首に櫛を当てる
挟むための剣術
ニューファンドランド島へ!
魔女のことば
ふたりの聖者
愛の渇きについて
十三日の金曜日ふたたび
月が出ていた
飛ばないで飛ぶために
うっそりと
声なき猫の託宣
回転木馬の消滅
ブラック・インパルスのゆくえ

著者紹介

堀江敏幸[ホリエトシユキ]
1964年、岐阜県生まれ。作家、仏文学者。『おぱらばん』(青土社、1998)で三島由紀夫賞を、『熊の敷石』(講談社、2001)で芥川龍之介賞を、「スタンス・ドット」(新潮社、2003)で川端康成文学賞を、『雪沼とその周辺』(新潮社、2003)で谷崎潤一郎賞と木山捷平文学賞を、『河岸忘日抄』(新潮社、2005)で読売文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「バン・マリ(ー)」(bain-marie)とはフランス語で「湯煎」のこと。直接火にかけないことで逆に奥深くまで火を通しうることの調理法にならって、彼方に過ぎ去った淡い思い出や、浮いては沈む想念を、湯煎にかけるようにゆっくりと、細密かつやわらかな筆捌きでつづる最新エッセイ。フィクションとノンフィクションがにじみ合う、堀江文学のエッセンス。