何を怖れる―フェミニズムを生きた女たち

個数:

何を怖れる―フェミニズムを生きた女たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年12月04日 01時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 190,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000241717
  • NDC分類 367.21
  • Cコード C0036

内容説明

1970年のウーマン・リブ誕生から40数年。フェミニズムの第一世代として、批判や攻撃をものともせず、最前線を走り続けた田中美津、米津知子、滝石典子、上野千鶴子、井上輝子、樋口恵子、加納実紀代、池田恵理子、高里鈴代、田中喜美子、中西豊子、桜井陽子の12人が、自らの人生とフェミニズムへの思いを語った貴重な同時代史。映画『何を怖れる』に収めきれなかったインタビューを全面的に活字化!

目次

1 「私」を生きる(田中美津―「とり乱し」の思想;米津知子―女性/障害者の排除に抗して;滝石典子―シングル・マザー、困難にめげず)
2 「女」って何?(上野千鶴子―女たちとの出会いから;井上輝子―女性学を育てて;樋口恵子―女の未来を切り開く)
3 「考えてほしい」(加納実紀代―「銃後の女性」の戦争責任を問う;池田恵理子―「慰安婦」問題が人生を変えた;高里鈴代―沖縄で基地と暴力を問う)
4 あなたへの伝言(田中喜美子―主婦という「呪縛」を超えて;中西豊子―女の情報を届けるために;桜井陽子―いま、ここから、のフェミニズム)

著者等紹介

松井久子[マツイヒサコ]
映画監督。1946年、岐阜県生まれ、東京深川で育つ。早稲田大学文学部演劇科卒業。雑誌ライターを経て、1979年俳優のプロダクション会社を設立。1985年エッセン・コミュニケーションズを設立し、プロデューサーとして数多くのテレビ番組を企画・制作した後、『ユキエ』(1998年公開)で映画監督デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件