陶晶孫その数奇な生涯―もう一つの中国人留学精神史

個数:

陶晶孫その数奇な生涯―もう一つの中国人留学精神史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月23日 01時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 405p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000241441
  • NDC分類 920.28
  • Cコード C0023

内容説明

清朝末期の日本留学第一世代の、反清革命に燃える激動の青春群像を論じた前著『日本留学精神史―中国近代知識人の軌跡』の続編。中華民国建国後に日本で学んだ郭沫若らエリート留学生の悩める青春群像を、陶晶孫という忘れ去られかけていた人物を軸に浮かびあがらせ、現代中国の形成および日中交流史に大きな足跡を残した留学第二世代の姿を描く。二〇世紀前半の中国文化界における「大正教養主義」ないし西欧的ヒューマニズムの正負の影響―後に文化大革命という極端な形の反動を生み出すことにもつながった―を論じ、激動の時代の精神史を捉えた力作論考。日中双方の資料を読みこんだ上での意欲的考察である。

目次

前編 周囲から読む(少年留学生陶晶孫;郭沫若の日本留学;文学運動に合流していく郁達夫たち)
中編 ある暗転風景(創造社主力軍の一斉帰国と国内展開)
後編 谷間から読む(陶晶孫の仙台留学時代;帰国後の陶晶孫―「舞踊服」「戦闘服」「実験服」等々;屈辱と苦渋に満ちた日本占領時代)
結びに代えて―『日本への遺書』