脱「格差社会」への戦略

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000237703
  • NDC分類 304
  • Cコード C0033

内容説明

格差社会論がさまざまに論じられ、情報が氾濫するなか、一体この問題をどのように捉え、考えたらよいのか。税制は格差を助長していないか。雇用、社会保障、教育の現場で何が起きていて、どうすればよいのか。各界の第一人者一六人による討論および論考が、多くの示唆を与えてくれる。『世界』好評連載プラス書き下ろし。

目次

1 「格差社会」論への視角(格差論が見過ごしていること)
2 格差を減らす税制とは(有効で公平な税制とは何か;金融資産への課税強化を)
3 働く場の変容と「格差社会」(新たな労働政策が人間らしい生き方を支える;若者と仕事)
4 社会保障・教育と格差問題(いまなぜ、社会保障の再構築が必要か;格差社会の中の教育;「格差社会」と教育機会の不平等)
5 脱「格差社会」の構想(「小さな政府」論の欺瞞;「格差社会」を超えるために)

著者等紹介

神野直彦[ジンノナオヒコ]
1946年生まれ。東京大学経済学部卒業後、日産自動車を経て、1981年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授。財政学・地方財政論

宮本太郎[ミヤモトタロウ]
1958年生まれ。中央大学大学院博士課程修了。立命館大学助教授を経て、北海道大学大学院法学研究科教授。比較政治・福祉政策論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。