人権を創造する

個数:

人権を創造する

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月24日 11時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 257,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000234986
  • NDC分類 316.1
  • Cコード C0022

内容説明

1776年のアメリカ独立宣言と、1789年のフランス人権宣言―人間は生まれながらにして等しく権利を有するという思想が、18世紀に生まれたのはなぜだったのか。『新エロイーズ』『パミラ』『クラリッサ』をはじめとする書簡体小説の流行。カラス事件にたいするヴォルテールらの反応と、ベッカリーア『犯罪と刑罰』の受容。「自然権」をめぐるルソー、ビュルラマキ、ベンサム、バーク、ペイン、ウルストンクラフトらの応酬。そしてアダム・スミスの『道徳感情論』…。膨大なテクスト読解から浮かび上がるのは、当時の人びとの心と身体に起きていた、巨大な変化であった。政治文化やジェンダーの視点からフランス革命研究を刷新してきた歴史家が、西洋近代における人権思想の社会文化史を描く。

目次

序章―「われわれはこれらの真理を自明なものと考える」
第1章 「感情の噴出」―小説を読むことと平等を想像すること
第2章 「彼らは同族なのだ」―拷問を廃止する
第3章 「彼らは偉大な手本をしめした」―権利を宣言する
第4章 「それはきりがありません」―人権宣言の結果
第5章 「人間性という柔らかい力」―なぜ人権は失敗したが、長い目で見れば成功したのか
付録 三つの宣言―一七七六年、一七八九年、一九四八年

著者紹介

ハント,リン[ハント,リン][Hunt,Lynn]
1945年生まれ。現在、カリフォルニア大学ロサンゼルス校近代ヨーロッパ史ユージン・ウェーバー講座教授

松浦義弘[マツウラヨシヒロ]
1952年生まれ。現在、成蹊大学文学部教授。フランス近代史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

アメリカ独立宣言とフランス人権宣言──人間の平等を謳う思想は、なぜ一八世紀に生まれたのか。スミスやベッカリーアらの著作、『クラリッサ』をはじめとする小説から、パンフレットまで、当時の膨大なテクストから浮かび上がるのは、人びとの心と身体に起きていた巨大な変化──〈共感〉という文化実践だった。アメリカを代表する歴史家が、西洋近代における人権の社会文化史を描く。