自由人佐野碩の生涯

個数:

自由人佐野碩の生涯

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2019年02月20日 10時41分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 398,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000234665
  • NDC分類 772.1
  • Cコード C0023

内容説明

「新劇」の基礎を築き演出家として華々しい活躍をした佐野碩は、治安維持法違反で逮捕されるが、偽装転向して国外へ脱出。ドイツで社会主義運動に関わったのち、ソ連に入国し世界的演出家メイエルホリドの演出助手として活躍。スターリンによる大粛清の渦中、国外追放処分を受ける。日本政府の執拗な追跡や妨害にもかかわらず、フランス、アメリカを経て、メキシコに政治亡命し、演劇活動を再開。メイエルホリドの演劇思想を継承し、併せてスタニスラフスキー・システムに基づく俳優教育を行い、メキシコ演劇の発展に貢献。「メキシコ演劇の父」と称えられた。本書は、六カ国語を操り、激動の時代に自らの信念を曲げることなく活躍した、稀有の国際的演劇人の波瀾の生涯を描き出した力作評伝。

目次

第1章 演出家佐野碩の誕生(少年時代;浦和高校劇研究会 ほか)
第2章 未知への越境(治安維持法違反;プロットの指示による偽装転向 ほか)
第3章 彷徨―モスクワへそしてモスクワから(ソヴィエト社会主義共和国連邦へ;モルトの世界大会と国際演劇オリンピアード―土方与志の出国、佐野・鍋山の転向 ほか)
第4章 孤独な亡命者(メキシコ人の入国支援と日本政府の妨害;メキシコのセキ・サノ ほか)
第5章 故郷に帰らず―メキシコ演劇の父として(国外追放の危機;セキのメイエルホリド ほか)

著者等紹介

岡村春彦[オカムラハルヒコ]
1935年生まれ。演出家。北海道放送演劇養成所、劇団民芸水品研究所に学ぶ。1960年米倉斎加年らと劇団青年芸術劇場(青芸)を旗揚げ。朝倉摂、観世栄夫、立木定彦、林光、福田善之らと協働し、「遠くまで行くんだ」「長い墓標の列」「袴垂れはどこだ」「魔女伝説」などに出演。「トイレット」「おもて切り」「森は生きている」「天の魚」などを演出。1970年代より佐野碩の研究を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。