無意識の形成物〈上〉

個数:

無意識の形成物〈上〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月26日 10時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 366p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000234108
  • NDC分類 146.1

内容説明

精神分析を、言語という礎の上に改めて据えるということ。一九五三年のローマで宣言されたこの目標に向けて、フロイトの著作を読み直し、さらに同時代の精神分析理論を再検討してきたラカンは、五年目のセミネールにおいて、ついにその成果を彼独自の一群の概念装置のうちに結晶させる。「グラフ」や「シェーマR」、あるいは「父性隠喩」といった概念装置が、機知や文学、臨床例への豊富な参照のなかで構築されて行く過程を克明にたどった本書は、ラカンの「思考」がはらむ運動への、最良の導入となるだろう。

目次

機知のフロイト的諸構造(ファミリオネール;ファ・ミリオネール;ミッリオネール;金の子牛;意味の少なさと意味のなさ;馬は下がれ!不受理の女)
去勢の論理(“父の名”の排除;父性隠喩;エディプスの三つの時;快感と現実におけるイメージからシニフィアンへ;快感原則の彼方にある幻想)

著者紹介

佐々木孝次[ササキタカツグ]
1938年生まれ。専修大学文学部教授

原和之[ハラカズユキ]
1967年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科助教授

川崎惣一[カワサキソウイチ]
1971年生まれ。城西国際大学福祉総合学部講師