策略―女性を軍事化する国際政治

個数:

策略―女性を軍事化する国際政治

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月23日 08時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 311p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000230155
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C0036

内容説明

女性の軍事化とは軍隊や戦争にのみ関わるものではない。それは「女らしさ」の概念そのものに深く根をおろし、女性たちの分断を作りだしている。著者は、女性兵士から男性兵士の妻や母、レイプ犠牲者、基地周辺の風俗関係者まで、かけはなれた状況にある女性たちを「女性の軍事化」という理論的枠組みであざやかに結びつける。女性たちの分断を作りだしている「策略」とはどのようなものか。幅広い事例に立脚し、軍事とジェンダーの深い関係を照射する。

目次

第1章 スープ缶はいかに軍事化されるか?(女子高生が行進する時;軍隊におけるレズビアンとゲイ;軍事化と男らしさと決定)
第2章 洗濯女、兵士そして国家(軍隊はキャンプ・フォロワーを必要とする;たんなるもうひとつの家父長制的制度以上のもの;軍事化された女性たちの網の目)
第3章 兵士がレイプする時(娯楽を求める兵士たち;国家安全保障の道具としてのレイプ;フィリピン;チリ;「戦利品としてのレイプ」―戦争、レイプ、フェミニズム、ナショナリズム;野獣、少年、紳士)
第4章 兵員の充足―母として、兵士として、フェミニストとして、ファッションデザイナーとしての女性の軍事化(徴兵制廃止後―軍事化された民間人、傭兵、子ども兵士;市民権の男性化、母性の軍事化;どの兵士がハイヒールを履くべきか?;国軍女性兵士についてのフェミニストたちの考え)
結論―決定、決定、決定

著者等紹介

上野千鶴子[ウエノチズコ]
1948年生まれ。京都大学文学研究科博士課程修了。東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門は社会学

佐藤文香[サトウフミカ]
1972年生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程修了。一橋大学大学院社会学研究科助教授。専門はジェンダー研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。