公共圏に挑戦する宗教―ポスト世俗化時代における共棲のために

個数:

公共圏に挑戦する宗教―ポスト世俗化時代における共棲のために

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年05月23日 20時05分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 209,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000229388
  • NDC分類 160

内容説明

近代化とともに宗教は力を失っていくだろうという大方の予想に反し、宗教人口は世界中で増大し、社会に大きな影響力を持つようになっている。ポスト世俗化社会といわれる今日、多様な宗教的背景を持った人々とどのように共存し、ともに社会を形作っていけばよいのか。その模索は、宗教的要素を削ぎ落として構想された近代的公共圏とデモクラシーを再検討することでもある。現代を代表する四人の知性による、白熱の議論。

目次

序章 公共圏における宗教の力
「政治的なもの」―政治神学のあいまいな遺産の合理的意味
なぜ世俗主義を根本的に再定義すべきなのか
対談 ハーバーマス×テイラー
ユダヤ教はシオニズムなのか?
預言宗教と資本主義文明の未来
対談 バトラー×ウェスト
総括討議 ハーバーマス×テイラー×バトラー×ウェスト
後記―宗教に備わる多くの力
付論 ハーバーマスへのインタビュー ポスト世俗化世界社会とは?―ポスト世俗意識と多文化型世界社会の哲学的意義について

著者紹介

ハーバーマス,ユルゲン[ハーバーマス,ユルゲン] [Habermas,J¨urgen]
1929年生まれ。ドイツの哲学者、社会学者。フランクフルト大学名誉教授

テイラー,チャールズ[テイラー,チャールズ] [Taylor,Charles]
1931年生まれ。カナダの哲学者、政治学者。マギル大学名誉教授

バトラー,ジュディス[バトラー,ジュディス] [Butler,Judith]
1956年生まれ。カリフォルニア大学バークレー校教授

ウェスト,コーネル[ウェスト,コーネル] [West,Cornel]
1953年生まれ。プリンストン大学教授

カルフーン,クレイグ[カルフーン,クレイグ] [Calhoun,Craig]
1952年生まれ。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス学長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

近代化とともに宗教は消えていくだろうという大方の予想に反し、宗教人口は世界中で増大し、大きな影響力を持つようになっている。多様な宗教的背景を持った人々とどのように共存し、ともに社会を形作っていけばよいのか。その模索は、宗教的要素を削ぎ落としたものとして構想された近代的公共圏とデモクラシーを再検討することでもある。現代を代表する四人の知性による刺激的な意見の応酬。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件