コミュニティヘルスのある社会へ―「つながり」が生み出す「いのち」の輪

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000229272
  • NDC分類 498.021
  • Cコード C0036

内容説明

コミュニティヘルスとは、一人一人の当事者が、自分なりの健康や幸せを実現しながら、結果としてコミュニティ自体も豊かになっていく営みをいう。そうしたコミュニティヘルスの活動は全国各地で行われている。著者が関わる機会のあった地域での実践を紹介することで、地域コミュニティを構成する多様な主体が、みずから課題解決をしていくために役立つ方法や具体的なヒントを提示した。

目次

第1章 コミュニティヘルスとはなにか(「健康」と「コミュニティ」;日本のコミュニティヘルスの源流―長野県佐久モデルに学ぶ)
第2章 コミュニティヘルスの現場から見えるもの―「役割づくり」の秘訣(命が輝く時をつくる―大崎市「穂波の郷」;いきいき百歳体操―高知発、住民と行政の新しい介護予防モデル;「暮らし」を支える保健室;コミュニティの資源を発掘する―幸手団地の取り組み)
第3章 コミュニティヘルスのある社会へ―鶴岡市での地域連携の試み(緩和ケアのプロジェクトが地域を変えるまで;コミュニケーションを支えるツールとは;からだ館の挑戦;みらいの世代への贈り物)
終章 クロストーク・コミュニティヘルスを実現する方法

著者等紹介

秋山美紀[アキヤマミキ]
慶應義塾大学准教授(環境情報学部、大学院政策・メディア研究科)、同医学部兼担准教授(衛生学公衆衛生学)、同先端生命研究所兼担准教授(からだ館がん情報ステーションプロジェクトリーダー)。専門はヘルスコミュニケーション(健康・医療分野のコミュニケーション)。博士(政策・メディア、慶應義塾大学)、修士(Media and Communication Policy and Regulation、ロンドン大学経済政治大学院)、社会福祉士。内閣府高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部企画委員会医療情報かに関するタスクフォース構成員、厚生労働省がん対策協議会専門委員、鶴岡市健康なまちづくり推進協議会委員トウを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

10
EP新刊棚。コミュニティヘルス(CH)とは、当事者が自分の健康や幸せを実現し、コミュニティ(構成員が役割を持って活躍できる場)も豊かになる営み(2頁)。健康とは、生活の全体像を捉え、失ったマイナス面よりも残されたプラス面を見ながら、その人らしい生き方を最期まで実現していくこと(15頁)。エンパワーメントとは、プロセスや経過といった動的な状態(17頁)。第3章では、市民も一緒に支えていく地域づくりの重要性が語られる(153頁)。地域現場の事例豊富に、説得力がある労作。ケアは結局、自分が自立、自律あってこそ。2013/12/05

うさこ社長

1
★★★☆☆「コニュニティ」の「ヘルス」につき、総論的、俯瞰的に見るとともに、いくつかの事例で地域包括ケアシステムと絡めて説明した、わかりやすい本だと思います。しかし、逆説的にはなりますが、こうしたフィールドワークとともに、少し先鋭的でもいいので「これからの理想の地域医療のあり方」といったものも併せて論じてあればもっと面白かったかなと思います。そのためにはやはり全体的に医師を活用してほしかったなと思います。2018/03/26

楢崎政也

0
2度目の読了。仕事柄、地域コミュニティを再構築していく必要性を感じる。単なる情報共有ではなく、相互関係性の文脈を共有できる地域ネットワーク。2014/01/08

Masa

0
本の中でのコミュニティヘルスをサッと定義し、実践の紹介から実践を促す書。医療者の視点が前提かと。 医療者視点を根底に持ちその壁を越えていこうとすればハマる。2020/06/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6998730

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。