ケアの絆―自律神話を超えて

個数:

ケアの絆―自律神話を超えて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月17日 07時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 361,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000227759
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C0036

内容説明

子どもの頃はもとより、病を得たとき、障害を持ったとき、そして老いたとき、誰もが他の誰かに依存し、ケアを受ける。人は誰かに依存しなければ生きていけない存在なのだ。であるならば、ケアは社会全体で担うべきではないのか。自律、独立、自活の価値が称揚される陰で、結婚した男女によってつくられる家族のなかに隠されてきた依存とケアの現実を緻密に分析し、「性の絆」ではなく「ケアの絆」にもとづく家族、市場、国家の再編を大胆に説く。

目次

第1部 建国神話―自律、依存、社会の債務(建国神話;依存と社会的債務―建国神話を砕く)
第2部 自律の制度化(市民社会派の家族論―結婚の特権化;なぜ、結婚なのか;結婚の未来)
第3部 フェミニズムによる家族批判(フェミニズムと家族―平等を実践し自律を達成する;ジェンダー中立的世界のなかの母親業)
第4部 社会契約における個人と家族の自律(社会契約の見直し;一時的な職場;持続可能な国家)

著者等紹介

ファインマン,マーサ・アルバートソン[ファインマン,マーサアルバートソン][Fineman,Martha Albertson]
フェミニズム法学者。エモリー大学ロー・スクール教授。テンプル大学卒業後、シカゴ大学で法学博士号を取得。コロンビア大学、コーネル大学等をへて現職

穐田信子[アキタノブコ]
フリーランス翻訳者・会議通訳者。1994年、翻訳家ネットワーク・スカイハイに参加

速水葉子[ハヤミヨウコ]
フリーランス翻訳者。1990年より翻訳家ネットワーク・スカイハイを共同主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒナコ

8
前書『家族、積みすぎた方舟』(学陽書房、2003年)で提起された、ケア労働の私事化について、本書ではその問題系が発展的に展開されている。 ケア労働を私事化するのは、結局はケア労働のダンピングである。家族が無償のケア労働を担うことによって、ケア労働に対して社会が支払うべきコストが見逃されているのである。著者はこうしたコストを社会に対する負債と考え、社会構造としてケア労働者が報われるようなシステムの改善を主張している。→2021/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/187877

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。