『キング』の時代―国民大衆雑誌の公共性

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 462p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000225175
  • NDC分類 051
  • Cコード C0036

内容説明

日本初の百万部を達成し、「雑誌の黄金時代」を築いた伝説的雑誌『キング』―この熱狂的な支持を受けた「国民大衆雑誌」の意味を同時代のメディア環境全体のなかで捉え直し、『キング』と講談社文化の役割を、それが実現した公共性の視座から解明する。近代日本における参加=動員のメディア史。

目次

1 講談社文化と大衆的公共圏
2 『キング』の二つの身体―野間清治と大日本雄弁会講談社
3 「ラジオ的雑誌」の同調機能一九二五‐一九三二年
4 「トーキー的雑誌」と劇場的公共性―一九三三‐一九三九年
5 『キング=富士』のファシスト的公共性―一九四〇‐一九四五年
結 国民雑誌の戦後―一九四五‐一九五七年

著者等紹介

佐藤卓己[サトウタクミ]
1960年生まれ。京都大学博士(文学)。現在、京都大学大学院教育学研究科准教授。『『キング』の時代―国民大衆雑誌の公共性』によりサントリー学芸賞、日本出版学会賞を受賞。著書に『言論統制―情報官・鈴木庫三と教育の国防国家』(中公新書、2004年、吉田茂賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本初の100万部を達成し,「雑誌の黄金時代」を築いた伝説的雑誌『キング』―この熱狂的な支持を受けた「国民大衆雑誌」の意味を,それが実現した公共性の視座から近代日本史に位置づけ直し解明する.参加=動員のメディア史.