女が国家を裏切るとき―女学生、一葉、吉屋信子

個数:

女が国家を裏切るとき―女学生、一葉、吉屋信子

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月19日 09時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 280p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000224116
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0095

内容説明

近代日本の女性は、国家といかに共謀し、そして、背反したのか。明治期の女子教育をめぐる小説や言説、一葉の和歌と小説、吉屋信子の“女の友情”もの、そして、『国体の本義』を精読し、文学的感傷の力が、国家的暴力の隠蔽と女性の国民化にいかに作用したかを明らかにするとともに、それらの女性表現に隠された、国家との争闘の痕跡をたんねんに読み解く。近代日本の女性文学を新しい角度から照射する、気鋭の研究者による意欲作。

目次

文学的感傷と暴力―高橋しん『最終兵器彼女』を読む
1 国民化する/される女たち―明治期女子教育の軌跡(学問か器量か―彼女たちの受難;「教育勅語」と女学生―東京女子高等師範学校を事例として;国家のための女たち―娼妓たちの日清戦争)
2 女が“和歌”を詠むとき―樋口一葉と日清戦争(“女性作家”と“国民”の交差するところ―一葉日記を読む;日清戦争を詠むこと;凱旋する文明国―一葉・鏡花が見たもの)
3 女の友情、そのゆくえ―吉屋信子と大東亜戦争(少女たちの絆―『花物語』『女の友情』を読む;“女の友情”のゆくえ―『女の教室』における皇民化教育;帝国の“非国民”たち)
文学的感傷にあらがうために―『国体の本義』を読む

著者等紹介

菅聡子[カンサトコ]
お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科教授。1962年、福岡県生まれ。お茶の水女子大学大学院博士課程人間文化研究科修了。博士(人文科学)、専門は、日本近現代文学。とくに女性文学研究を中心とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。