オリエンタルズ―大衆文化のなかのアジア系アメリカ人

個数:

オリエンタルズ―大衆文化のなかのアジア系アメリカ人

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月22日 17時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 311,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000223904
  • NDC分類 334.453
  • Cコード C0022

出版社内容情報

一九世紀半ばの中国人の移民以降、アメリカにおいてアジア人はどのように表象されてきたのか。劣等の「人種化」が刻印されていくモデルマイノリティとしてのありようを、当時の俗謡・漫画・文学・映画などからトレースする。

内容説明

十九世紀半ばの中国人の移民以降、アメリカ社会において、特定の歴史状況の下で、アジア人はどのように表象されてきたのか。白人の職場や家庭から排除された「異教徒」「黄禍」「グーク」として、あるいは男でも女でもない「第三の性」として、民主社会の参加には不適格な「不服従の市民」「永住外国人」として、アジア人の身体表象に劣等の人種化が刻印され、モデルマイノリティとしてステレオタイプ化されていく過程を、当時の俗謡・漫画・通俗文学・映画などからたどる。

目次

序 イエローフェイスとは
第1章 神の自由な土地に降り立った「異教徒の中国人」
第2章 苦力と白人労働者階級の形成
第3章 第三の性
第4章 内なる堤防とアジア禁止区域
第5章 冷戦期におけるモデル・マイノリティ神話の起源
第6章 グークとしてのモデル・マイノリティ
第7章 ロサンゼルス暴動以後
第8章 不服従の市民―オリエンタルを脱構築する

著者等紹介

リー,ロバート・G.[リー,ロバートG.][Lee,Robert George]
1947年生まれ。現在、ブラウン大学准教授(Department of American Civilization)。専門はアメリカ研究、アジア系アメリカ人研究、人種研究

貴堂嘉之[キドウヨシユキ]
1966年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退。一橋大学大学院社会学研究科准教授。専門は、アメリカ合衆国史、移民・エスニシティ研究、人種研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふくまつ

0
アメリカの中のアジア人像ということに焦点が置かれている。もっと最近の映画も取り扱ってほしかったか。2008/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/108955

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。