岩波講座 日本歴史〈第20巻〉地域論―テーマ〈巻1〉

個数:

岩波講座 日本歴史〈第20巻〉地域論―テーマ〈巻1〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月16日 01時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 351p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000113403
  • NDC分類 210.1
  • Cコード C0321

内容説明

列島をつなぐ地域、列島をひらく地域。一国史の枠組みを超えて。異なる社会が出会い、入り交じる「接触領域」から立ち現れる新しい歴史像。

目次

古代北海道地域論
韓国木簡論―漢字文化の伝播と受容
古代接触領域としての奥六郡・平泉
東アジア海域論
中世・近世アイヌ論
対馬―通交・貿易における接触領域
近世琉球王国と東アジア交流
漂流と送還―近世日朝間の事例を中心に
東アジアにおける雑居と居留地・租界
環日本海交通圏
太平洋の「地域」形成と日本―日本の南洋群島統治から考える
近代日本における国籍と戸籍―「日本人」の創出と支配

出版社内容情報

日本列島の内外には,互いに異なる社会組織体系が出会い,葛藤し,入り交じる地点(接触領域)が存在してきた.それらの多種・多様な接触領域をとらえなおし,そこから立ち現れる新しい日本の歴史像を描き出す.