岩波ブックレット<br> 荒れ野の40年―ヴァイツゼッカー大統領ドイツ終戦40周年記念演説 (新版)

個数:

岩波ブックレット
荒れ野の40年―ヴァイツゼッカー大統領ドイツ終戦40周年記念演説 (新版)

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2022年07月02日 02時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 63p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000094672
  • NDC分類 310.4
  • Cコード C0336

内容説明

「若い人たちにお願いしたい。他の人びとに対する敵意や憎悪に駆り立てられることのないようにしていただきたい。敵対するのではなく、たがいに手をとり合って生きていくことを学んでほしい。われわれ政治家にもこのことを肝に銘じさせてくれる諸君であってほしい…」第二次大戦後40年を迎えたドイツで、対立を超え、寛容を求め、歴史に学ぶことを訴えた伝説的な演説があった―。好評既刊を、解説をリニューアルしてお届けします。

目次

ヴァイツゼッカー大統領演説全文―一九八五年五月八日
解説―若い君への手紙

著者等紹介

ヴァイツゼッカー,リヒャルト・フォン[ヴァイツゼッカー,リヒャルトフォン][Weizs¨acker,Richard von]
1920年生まれ。ベルリン、オックスフォード、ゲッティンゲンの各大学に学ぶ。在学中に第二次世界大戦でドイツ国防軍に従軍。戦後、復学したのち、実業界に入り、ドイツ福音派信徒大会で議長をつとめ、69年に連邦議会議員、81年には西ベルリン市場となる。84年から2期10年間のドイツ連邦共和国大統領在任中にドイツ統一の悲願の実現をみた

永井清彦[ナガイキヨヒコ]
1935年生まれ。東京大学卒業後、朝日新聞社、ドイツ海外放送、タイム・ライフ社をへて、桃山学院大学・共立女子大学教授などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

美海

22
ドイツの戦争責任についての本。授業内のレポート課題になったので読みました。短い文字数の中でドイツの戦争についての全容やこれまでの歴史を知ることができたので良かったです。訳や解説もわかりやすくドイツの戦争時代のことについて知識が高まったので良かったです。2015/12/28

世話役

20
哲人政治家、とでもいえばよいのだろうか。第二次大戦集結40年の節目の日、当時の西ドイツ大統領・ヴァイツゼッカーが先の大戦の責任を振り返った演説の記録。タイトルは彼が演説の中でも触れた旧約聖書の言葉だ。ヴァイツゼッカーは慎重に言葉を選びつつ、言葉に成り得ぬものを言葉として紡いでいる。その結果、彼は過去と「今ここ」を接続し、現在のドイツへと至る道を指し示すことに成功した。これはたとえ「言葉の技術者」である作家にも簡単には成し得ぬ技だろう。政治と、あえていえば文学の、2つの言葉の力を結晶させた稀有な例だと思う。2015/07/05

扉のこちら側

11
初読。1985年5月8日に行われた、西ドイツ大統領による第二次世界大戦についての歴史的な演説。「だれもが過去からの帰結に関わり合っており、過去に対する責任を負わされている」「過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となる」。「過去の克服」論が「和解」ではなく「謝罪」をしたかどうかの言い合いになる日本への、警告とも読める。2012/07/22

Akie

10
日本人も含めて、国や人種間で争うことがどれだけ悲しくて情けないかたくさんの人に考えてほしい。こういう本には世界を動かす力があると思う。私の境遇的に演説の結びは他人事と思えず、本当ひたすら首を縦に振りたくなった。2015/04/05

ののまる

7
日本に、こんな政治家(指導者)がいてたらなあ…2021/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/517525

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。