岩波ブックレット
小学校でなぜ英語?―学校英語教育を考える

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 70p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000092623
  • NDC分類 375.893
  • Cコード C0336

目次

1 議論のために押さえておくべきこと
2 「早く始めるほどよい」という幻想
3 真のコミュニケーション能力のために
4 学校英語教育は何をめざすべきなのか

著者等紹介

大津由紀雄[オオツユキオ]
マサチューセッツ工科大学にてPh.D.(言語学)を取得。現在、慶応義塾大学言語文化研究所教授。専門は、言語の認知科学

鳥飼玖美子[トリカイクミコ]
上智大学外国語学部卒、コロンビア大学大学院修士課程修了(英語教授法)。上智大学在学中より、同時通訳者として国際会議、テレビなどで活躍。2002年4月より、立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科教授(研究科委員長)。専門は、英語教育、通訳・翻訳論
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

2002年度から公立小学校でも英会話を教えることが可能になるが,理念の面からも教育効果の面からも問題が多い.「早く始めるほどよい」といった安易な議論の欠陥を明らかにし,学校英語教育の目的と目標を問い直す.