包まれるヒト―“環境”の存在論

個数:

包まれるヒト―“環境”の存在論

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 216p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000069540
  • NDC分類 114
  • Cコード C0310

内容説明

哲学は古代ギリシャ以来、ずっとヒトを包み込む“環境”を問題にしていた。ところが、一七世紀にデカルトが「思考する自己」を発見して以来、人文科学の主題は“環境”から思考する“主体”へと大きく転換し、ヒトは“環境”から切り離されてしまう。以来、“環境”を吟味する思考はアンダーグラウンドで継続される。二〇世紀に入り、ついに生態心理学者のジェームズ・ギブソンが、“環境”の意味を再発見する。そして二一世紀。哲学、心理学、文学、映画、写真…さまざまな領域の先端で、ヒトを包む“環境”が熱い視線を集めている。

目次

プロローグ 『包まれるヒト―“環境”の存在論』への招待
1 包囲される身体(インタビュー 世界とつながる椅子―シーティングセラピー;環境における呼吸、そして知覚と行為;コラム 光学的情報による身体と環境のカップリング)
2 包囲の哲学(「認識」の哲学から「環境」の哲学へ;鼎談 アンダーグラウンド哲学史―存在の哲学/環境の哲学の可能性(染谷昌義;齋藤暢人;佐々木正人)
コラム 宇宙のアフォーダンス―パースとエコロジカルな心の哲学)
3 包囲と表現(インタビュー 環境と写真;映画にとって身振りとは何か;小説、言葉、現実、神 ほか)

著者等紹介

佐々木正人[ササキマサト]
1952年生。東京大学教授。生態心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。